赤ちゃんの日焼け止めの選び方は?

シェアはこちら

ここ数日暑い日が続いていますね。

外へ出ると日差しも強く赤ちゃんも眩しそう。

 

日差しを嫌がる赤ちゃん まぶしー。

 

赤ちゃんを外へ連れて出るときは、日除けカバーや日焼け止めなどで紫外線対策をしているかと思いますが、どんな対策が重要なのでしょうか?

 

赤ちゃんに紫外線対策は必要?

日焼け止めを塗る方が肌が薄い赤ちゃんによっては良くないのでは?と思っている方も多いようですが、赤ちゃんの肌は大人の1/3程度の薄さしかないので、皮膚を守るバリア機能がとても未熟です。

そんあ繊細な赤ちゃんの肌にとって、大人でいう日焼けはヤケドと同じようなものなので、ひどいときには水ぶくれができたり熱を持ったり、大人以上のダメージを受けてしまうことがあります。

もともと紫外線は、病原菌を殺したり、体内のビタミンDを作るために効果的だと言われていますが、赤ちゃんの頃から紫外線をたくさん浴び続けてしまうと、大きくなった時にシミやしわが増えたり、将来の皮膚がん、白内障といった病気を引き起こしやすくなる可能性があるそうです。このように、デリケートな肌の赤ちゃんには紫外線対策が必要なのです。

 

 

赤ちゃんの日焼け止めの選び方は?

では赤ちゃんにはどのような日焼け止めを使用すればよいのでしょうか?

赤ちゃんの肌はデリケートなので、化学成分などが入っている日焼け止めを使うと逆に肌を傷つけてしまう可能性があります。赤ちゃんの日焼け止めを選ぶときには以下のような基準があります。

・赤ちゃん用の日焼け止めを使う

当たり前のことですが、大人用の日焼け止めですとデリケートな肌の赤ちゃんには刺激が強すぎるため必ず「ベビー用」の日焼け止めを使用するようにしましょう。

・ノンケミカル(紫外線散乱剤)を選ぶ

日焼け止めには、「ケミカル(紫外線吸収剤)」と「ノンケミカル(紫外線散乱剤)」の2種類があります。

ケミカル(紫外線吸収剤)とは・・・

  • 肌で紫外線を化学反応させて肌への吸収を防ぐ
  • 紫外線カット率が高い
  • 肌への負担が大きい

ノンケミカル(紫外線散乱剤)とは・・・

  • 肌に塗ったクリームで紫外線を反射させて肌への吸収を防ぐ
  • 紫外線カット率が低め
  • 肌への負担が少ない

それぞれ上記のような特徴があり、肌が弱い赤ちゃんに使用する日焼け止めにはノンケミカル(紫外線散乱剤)が推奨されています。

・「SPF」で選ぶ

SPF(エスピーエフ)とはSun Protection Factorの略で、紫外線B波を 防ぐ効果を数値化したものです。数値が大きいほど、防ぐ効果(時間)が大きくなりその分肌への負担も大きくなります。

日常生活でのおでかでではSPFが10~20程度、海やレジャーの時は20~30程度のものが適していると言われています。

・「PA」で選ぶ

PA(ピーエー)とは、Protection grade of UV-Aの略で、紫外線A波を防ぐ効果を示したものです。UV-Aを防ぐ効果の大きさを4段階(PA+、PA++、PA+++、PA++++)に分けており、+が多くなるほど効果が高くなっています。

補足:紫外線A波と紫外線B波の違いとは?

紫外線A波はUV-Aとも呼ばれ、肌を黒くする紫外線で、しみやシワなどができてしまう原因になります。

紫外線B波はUV-Bとも呼ばれ、長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり、このように肌が赤くなる日やけの主な原因となります。

 

以上のように上記のような選択基準がありますので、自分の子供の月齢に合っていているか?どのくらいの時間お出かけするか?といった状況に応じて日焼け止めを選びましょう。

 

日焼け止めを使うときの注意点は?

・パッチテストを行う

ベビー用の日焼け止めだとしても、赤ちゃんによっては肌に合わず、肌荒れなどを起こしてしまうこともあります。本格的な使用を始める前にパッチテストを行うことをお勧めします。

・簡単に落とせるものを使用する

日中は活躍してくれる日焼け止めですが、日焼け止めを塗ったら落とすことも必要になってきます。長時間残ってしまうと肌に負担がかかります。伸びがよくてムラにならず、簡単に石鹸など落とせる日焼け止めを選ぶと良いですね。

ちなみにSPFの数値が高い日焼け止めほど落とすのが大変です。

 

まとめ

以上のように、赤ちゃんは肌が弱いため日焼け止めが必要な反面、使用することで肌を傷つけてしまうこともあるので、使用する際には注意が必要です。

赤ちゃんのうちはなるべく日差しが強い時間帯には外に出さない、外に出るときは日除けやおくるみなど他の対策もしっかり行うようにしましょう。

 

シェアはこちら