生後2か月からの予防接種デビュー

シェアはこちら

 

今日は昼過ぎから赤ちゃんの2か月健診。今まででしたら健診して、はい終わり!だったのですが、今日はいつもとちょっと違い健診だけではなく注射をしました。そう「予防接種」です。

こんな産まれて間もないときから体に針を射されてかわいそうだなと思う反面、今後病気になりにくくするためだからしょうがないなとも思いました。

ただこの赤ちゃんの予防接種は様々な種類があり、種類によっては数回も注射をしなければならないものや、ある時期までしか打てなかったり、ある時期以降しか打てなかったりして、スケジューリングがなかなか大変そう!

ということで今日は予防接種について調べてみます。

 

 

生後2か月目のワクチンデビュー

 

 

 

赤ちゃんはお腹にいるときから様々な病気の免疫を母親から受け継がれるため生後6か月頃まではほとんど病気をすることがありません。しかし、生後6か月を過ぎた頃からなその免疫が無くなっていくため、風邪をひいたり、熱が出たりし出します。

だからといって生後6か月頃までは何もしなくて大丈夫だ!というわけではありません。「百日せき」や「はしか」の抗体は乳児期の早い段階失われるため早い段階での予防接種が必要です。現在は昔とは違い、小さいうちからワクチンを打つことが出来るようになり防げる病気が増えました。

最も早いもので生後2か月から接種することが出来るのですが、接種種類と接種回数が多いため、パパやママの悩みの一つとなっています。

 

 

自治体から送られてくる接種のお知らせを確認

 

予防接種には「定期接種」と「任意接種」のものがありますが、定期接種の場合決められた接種の時期が近付くと自治体から自宅にお知らせが送られてきます。その送られた資料を基にして、自分が住んでいる地域ではどこの病院でいつ接種を受けられるのかを確認してスケジュールを立てていきます。

 

ワクチンにはどんな種類があるの?

 

ワクチンの主な種類

下記のように月齢によってワクチンがたくさんありますが、数回接種が必要なものがほとんどですので、下記期間以降も2回目以降の接種が必要になってきます。

2か月~6か月のワクチン

「B型肝炎」「ロタウイルス」「ヒブ」「肺炎球菌」「4種混合ワクチン(DPT-IPV)」「2種混合ワクチン(DT)」「BCG」

6か月~1歳のワクチン

「インフルエンザ」「麻疹、風疹」「水ぼうそう」「おたふく」

 

ワクチンの接種方法|「経口」「注射」

ワクチンの接種方法として、口から飲ませる方法(経口接種)と注射による接種があります。ワクチンの種類によって、接種方法は決まっています。経口摂取の場合、吐き戻しが無いように授乳から一定時間を空けてから接種し、接種後に吐き戻しがないかの確認も必要になります。注射接種の場合、注射をした部分が赤く腫れたりすることがあります。

 

病原体の違い|「不活化」「生」「トキソイド」

ワクチンは、感染の原因となるウイルスや細菌をもとに作られています。
含まれる病原体等の状態の違いから、大きく「生ワクチン」「不活化ワクチン」「トキソイド」に分けられます。

不活化ワクチン

病原体となるウイルスや細菌の感染する能力を失わせた(不活化、殺菌)ものを原材料として作られます。接種期間は6日(1週間)以上の間隔を空けて次のワクチンを接種します。

生ワクチン

病原体となるウイルスや細菌の毒性を弱めて病原性をなくしたものを原材料として作られます。接種期間は27日(4週間)以上の間隔を空けて次のワクチンを接種します。

トキソイド

病原体となる細菌が作る毒素だけを取り出し、毒性をなくして作られます。

 

混合ワクチン

2種類以上のワクチンを混合したものです。3種類、4種類のものもあり、ほとんどのものがそれぞれの頭文字をとって略した形の名前となっています。

(例)DPT(ジフテリア、百日ぜき、破傷風の三種混合)

 

「定期接種」と「任意接種」

予防接種には、法律に基づき市区町村が主体となって実施する「定期接種」と、任意で受けることができる「任意接種」があります。
接種にかかる費用は、定期接種は負担なしですが(一部で自己負担あり)、任意接種は自己負担となります。
市区町村によって実施する予防接種の種類や補助内容が違いますので、詳しくは市区町村などに確認しましょう。

 

個別接種と集団接種

医療機関で一人ひとりで受ける予防接種が個別接種で、予防接種は基本的には個別で受けるように勧められています。集団接種は決められた日時に集団で受けるもので、主に保健所などでの接種となりますが、日程が決まっているので確認が必要になります。

 

 

スケジュールの立て方が重要

 

 

予防接種の種類、実施内容とともに、接種の推奨時期についても定められています。推奨時期は、お母さんがお腹にいた頃の赤ちゃんにあげていた免疫効果の減少や感染症にかかりやすい年齢、かかった場合に重症化しやすい年齢などを考慮して決められています。

種類も多く、数回の接種が必要なものがほとんどですので、早めにスケジュールを立て、接種できる月齢・年齢になれば、できるだけ早く接種を受けましょう。そうすればスケジュールにも余裕がでてとりを持って予防接種を受けることが出来ます。

 

 

まとめ

 

注射を打たれるとなると赤ちゃんがかわいそうで泣き出してしまうパパママも多いようですが、予防接種は赤ちゃんの今後の成長を考えると必要なものなのでしっかりとスケジュールを立ててゆとりを持って受けましょう。

また体調の悪いときに接種しても抗体ができないワクチンもありますので、赤ちゃんの体調もしっかりと管理をして予防接種に臨めるようにしてください。

 

 

シェアはこちら

“生後2か月からの予防接種デビュー” への2件の返信

コメントは受け付けていません。