赤ちゃんには何を着させれば良いの?

シェアはこちら

 

赤ちゃんの洋服には見知らぬ名前がついていて何が何だか分からなくなりますのよね。種類もたくさんあり、どの季節にどの種類を着させればいいか悩んでしまいます。

今日はたくさんあるベビー服の種類とその特徴について調べてみます。

 

ベビー服にはどのようなものがあるの?

 

ベビー肌着

肌着とは赤ちゃんが常に身に付けている、大人でいう下着の役割を果たしている服です。肌着だけでもたくさんの種類があります。

①短肌着


肌に一番近い、すそが短めの基本の肌着です。保温だけでなく、首回りや脇の汗を吸ってくれるので、体の清潔さを守る役割もあります。汗をかきやすい季節はもちろん、年間を通しての必需品となっています。

②長肌着


短肌着よりすそが長い肌着。素材や前合わせのデザインは短肌着と同じです。使用するのは主に新生児期、それも寒い時期に生まれた赤ちゃんです。短肌着の上に重ねて着せます。

③コンビ肌着


短肌着の上に着せる肌着です。短肌着と重ねて使います。内股をスナップで留めることができてズボンのような形になるので、元気に足を動かしてもすそがはだけにくくなります。

 

補足:長肌着とコンビ肌着の違いは?

長肌着とコンビ肌着の形状は似ていますが、長肌着はスナップがないためおむつ替えがしやすく、コンビ肌着はスナップがあり足をバタバタさせてもはだけにくいというメリットがそれぞれあります。

④ボディスーツ

足のないだるま型の肌着です。赤ちゃんの足を覆わないので、重ね着をしてももたつきません。股下はスナップ留めで、おなかが出ないのも大きなポイントです。色やデザインのかわいいものも多く、夏はアウターでこれ1枚でも大丈夫です。

 

ベビー服

肌着と同じく数種類があり、呼び方もメーカーによって違うものがあります。

①ロンパース


ロンパースとは、シャツとズボンが一体になったウェアです。股の部分がスナップで、おむつ替えに便利です。出かける際にはロンパースの上に洋服を着せるなどして使用します。

②カバーオール


カバーオールもロンパースと一緒で上下つながっており、股下はスナップになっています。

ロンパースとの違いはロンパースが肌着として着ることが多い一方、カバーオールは洋服として使用することが多いです。そのため足まで隠れるようなズボンタイプのものが多いです。

③ドレスオール


ドレスオールとは、裾がスカート状になっており、あんよの動きが少ない新生児向けのウェア。ベビードレス、新生児ドレスとも呼ばれ、退院、お宮参りのセレモニードレスもこれに含まれます。

④ツーウェイオール

カバーオールと似ていますが、2種類の使い方をできるという面で違いがあります。股下のボタンの留め方で、ストンとした筒状と、足を左右に分けた状態の2通りの着せ方ができます。

⑤セパレート


セパレートとは上下「分かれた」ウェアです。上下別々なので、汚れた場合はそのアイテムだけ取り換えれば良いので便利です。赤ちゃんの腰が据わる頃から活躍します。

⑥スリーパー


寝るときに布団を足ではいでも寒くならないように、寝間着の上からすっぽりとかぶせて使うアイテム。体全体を覆って、赤ちゃんが寝ているときにバタバタしてもはげる心配が無いため赤ちゃんのパジャマとして重宝されます。

 

ベビー小物

洋服以外にも赤ちゃんに使用する小物はたくさんあります。

①おくるみ(アフガン)


おくるみまたはアフガンとも呼ばれます。赤ちゃんをくるむ1メートル四方ぐらいの布で、コットン素材やニット素材などさまざまな素材のものがあります。隅にある三角のポケットのような部分には赤ちゃんの頭を入れます。

②スタイ


赤ちゃんのよだれかけのことです。英語ではbib(ビブ)と呼ばれています。母乳やミルクの吐き戻し、離乳食の食べこぼしなどの汚れから衣服を守ります。ひもで結ぶもの、スナップで留めるものなど、いろいろなタイプ、サイズのものがあります。

③帽子


赤ちゃんは頭に毛が生えていないことも多いので直射日光を避けるために帽子が必要です。柔らかい生地でつばが大きいものを選ぶようにしましょう。

④ベスト

ちょっと肌寒いときに簡単に体温調節ができる便利なベスト。脱ぎ着させやすい上に赤ちゃんが動きやすいということがメリットです。特に肌寒い日は大活躍です。

⑤ミトン

ミトンは防寒用だけではなく、寝るときに顔を引っかくことを防止するためにも役立ちます。

⑥靴下

靴下は、室内では基本的に使いませんが外出時に足を冷えから守ります。ケガや虫刺されの防止にも役立ちます。

 

 

補足:常時の靴下、ミトンは危険!?赤ちゃんは新陳代謝がよく、手足で体温の調節を主に行っています。常時靴下やミトンをつけていると、体温調節ができない場合があるので注意が必要です。

 

赤ちゃんの着るものはたくさんの種類があります。季節やシチュエーションにもよって身に付けるものは変わってくると思うので、楽しんで赤ちゃんの服を選べるとよいですね。

 

 

シェアはこちら