赤ちゃんの視力はどの程度ある?

シェアはこちら

 

赤ちゃんの目は産まれた時にはほぼ完成しており物が見える状態で、きょろきょろと首を動かして色々な方向を見たり、時にはじっと一点を見つめたりしますが、どの程度物が見えているのでしょうか。

 

 

また、赤ちゃんは色彩感覚を生まれながらに持っているものと考えられてきましたが、乳幼児期の視覚体験によって成長に影響していくということが明らかになっています。

 

時期別の赤ちゃんの見え方の違い

 

視力・色がぼんやりの時期|誕生~生後1か月

産まれてから生後1か月くらいの赤ちゃんは目は完成しておりますが、視力・色の識別はまだ未熟です。

一般的にこの時期の赤ちゃんの視力は0.01~0.02で、色は「黒」「白」「グレー」だけで他の色は濃い薄いが多少認識できる程度であると言われています。

光に反応しますが、これは反射的な反応だと考えられています。焦点が合うのも15㎝~30㎝程度の範囲に限られていますので、赤ちゃんに話しかけたリ笑いかけたりするときには、そのくらいの距離に顔を近づけてコミュニケーションを取ると良いでしょう。

 

 

少しづつ形・色が認識できる時期|生後2~3ヶ月

生後2ヶ月~3ヶ月頃の赤ちゃんは、目の焦点を合わせて人や物の輪郭が少しずつとらえられるようになり、動いている物を目で追う追視の能力も機能してきます。視力も0.04~0.08くらいにまであがってきます。

色彩感覚も発達し始める時期で、最初に赤が認識できるようになり、それから黄、緑などを認識できるようになっていきます。赤ちゃんのおもちゃは色鮮やかなものが多いですが、ちゃんと赤ちゃんが認識できやすい色を使用しており、赤ちゃんの成長を促すようにできているのです。

 

 

視力が良くなる時期|生後4~6ヶ月

 生後4ヶ月頃の赤ちゃんは、物の奥行きが少しづつ分かるようになり、オレンジ・紫・青など認識できる色の種類も増えてきます。

生後6ヶ月頃には視力が0.1くらいに向上して、お座りも覚えてくるので視野も広くなって近くの人や物ならはっきり見ることができるようになります。

 

 

赤ちゃんの好きな色は?

 

最初に認識する色は「赤」

赤ちゃんは生後2~3か月くらいの時期に色を認識しだしますが、最初は「赤」を認識するそうです。その後、区別しやすい三原色を認識し始めるのが一般的です。まずは、赤ちゃんが低月齢の頃からたくさんの色を見せてあげることが大切です。

 

色の認識の順番と好きな色

一般的に赤ちゃんはまず「明度」が先に発達します。明度の次に「色相」が発達します。

明度の高い色は黄色やパステルカラーです。また、赤をはじめ、青・緑などの、はっきりとした原色も、見えやすいので、適度な刺激となって赤ちゃんは喜びます。

また、寒色系よりも暖色系を好む傾向にあります。暖色系の色とは、赤や黄色、オレンジなどの、暖かさを感じる色です。

 

乳児はみんな「共感覚」を持つ?

赤ちゃんはみんな共感覚を持つと言われています。

 

共感覚とは?

ある刺激に対して、通常の感覚のみでなく異なる種類の感覚をも生じさせる特殊な知覚現象のこと。文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりとその種類は様々です。 

 

赤ちゃんの頃はまだ脳が未熟で、視覚・聴覚などの感覚を個別に処理する神経のつながりが未熟であるため、と言われています。成長に伴い脳に変化が生じ、ほとんどの場合は大人になる前にその感覚が失われるとされています。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんに話しかけたり、笑いかけたりするときは、できるだけ赤ちゃんの顔の近くでするようにして赤ちゃんの視覚を刺激するようにしましょう。

また赤ちゃんのおもちゃや服を選ぶときはいつも同じ色ではなく、興味をひくような、カラフルなものをつかうようにすると赤ちゃんの成長にもつながっていくでしょう。

 

 

シェアはこちら