赤ちゃんのうんちは何色?

シェアはこちら

 

毎日赤ちゃんのおむつ替えをしているパパママお疲れ様です。一日に何回もおむつの交換をして大変だと思いますが、おむつ替えは赤ちゃんの健康状態をチェックする絶好のチャンスなのです。

今日は赤ちゃんのうんちの色や状態について調べてみます。

 

 

 

赤ちゃんのうんちの特徴は?

 

うんちの色を確認する

出産直後の赤ちゃんのうんちは胎便という「黒緑色」のうんちをしますが、その後はこのような「黄色」 「淡い茶色」「明るい緑色」のうんちをするようになります。これらの色のうんちをしている赤ちゃんは健康な赤ちゃんである証拠です。

逆にこのような「赤色」「黒色」白色」のうんちをするようですと、病気の可能性があるため危険です。すぐに病院でお医者さんに診てもらいましょう。

 

母乳とミルクによるうんちの違いは?

一般的に、母乳の赤ちゃんのうんちは黄色っぽく軟らかめで、ミルクの赤ちゃんのうんちは黄土色でやや硬めになります。母乳の方が腸内で消化しやすいため、うんちをする回数は母乳の赤ちゃんのほうが多いようです。

 

赤ちゃんのうんちのツブツブは何?

赤ちゃんのうんちに小さいツブツブが混じっていることがありませんか?これは正常なことで、消化しきれない「脂肪分」や「カルシウム」が固まって出てきてしまっているものです。消化がうまくできるようになると徐々になくなっていくので心配しなくて大丈夫です。

 

 

赤ちゃんの便秘

 

赤ちゃんのうんちについて一番悩みが多いのは「便秘」だそうです。では赤ちゃんの便秘とはどのようなものなのでしょうか?

 

通常の1日の排便回数は?

便秘は病気ではないですが日常的に見られ、赤ちゃんの場合ひどくなると嘔吐をともなうため心配になる方が多いようです。 排便には個人差がありますが1日3回~3日に1回の範囲なら正常と言われています。

 

便秘を解消する方法は?

便秘でおなかが張って赤ちゃんが苦しんでいる場合は、浣腸をして改善してあげましょう。そのとき、腸にずっと溜まっていた濃い色で硬いウンチと、新しくて明るい色の柔らかいウンチが出てきたらおなかがキレイになった証拠です。

また、水分を多くとらせることや綿棒で肛門を刺激してあげる、お腹をマッサージするのも効果的です。

 

まとめ

 

赤ちゃんのうんちは健康のバロメーターです。色によっては病気の可能性もあるので、おむつ替えをするときに確認する習慣をつけておくと良いでしょう。

もちろん赤ちゃんによって個人差があるので、自分の赤ちゃんが普段どんなうんちをしているのか把握しておくことが大切です。

 

 

シェアはこちら