赤ちゃんはなぜくしゃみが多いの?

シェアはこちら

 

赤ちゃんをお持ちの方でしたら分かると思いますが、赤ちゃんってとてもくしゃみが多いですよね?

寒いのかな?風邪ひいているのかな?と心配になりますが、赤ちゃんがくしゃみが多いことには原因があるのです。

 

 

 

赤ちゃんのくしゃみの4つの原因

 

①赤ちゃんは粘膜が弱い

大人に比べると赤ちゃんはたくさんくしゃみをします。この原因のひとつは赤ちゃんの鼻の粘膜にあります。赤ちゃんは花呼吸を始めたばかりなので鼻の粘膜が柔らかく未熟な状態のため、ほこりや異物に対して敏感になっており、ちょっとしたことに感応し刺激でくしゃみをすることがあります。

 

②鼻毛が生えていないから

さらに、赤ちゃんは鼻毛がほとんどないので、ちょっとしたホコリや異物を吸い込んだ時にバリアとなるものがないため鼻の粘膜に直接刺激が伝わってくしゃみをするのです。

 

③風邪をひいていることも

赤ちゃんは生後6か月頃までは母親の免疫を引き継いでおり病気になりにくいのですが、たまに風邪をひくこともあります。くしゃみをしたときに同時に「せき」「熱」「泣き止まない」などの症状が同時に見られたときは風邪を疑った方が良いかもしれません。

 

④アレルギー反応の可能性

アレルギーとは、体内に侵入したウイルスや細菌などを防ぐための免疫反応が過剰に起こることをいいます。

アレルギーを引き起こす原因物質が鼻の粘膜に付着すると、ヒスタミンなどの神経伝達物質(細胞に興奮や抑制の反応を起こさせる化学物質)が活性化され、知覚神経を刺激することでくしゃみが出ることがあります。

主なアレルゲンには「花粉」「ホコリ」「動物の毛」「ダニ」「カビ」などがあります。

 

 

くしゃみを予防する3つの方法

 

①こまめに掃除をする

部屋の掃除をこまめにすることでほこりを取り除くことが重要です。

エアコンや空気清浄機などのフィルターにも注意が必要です。フィルターが汚れたままでは部屋中を汚すことにもなりかねません。

 

②加湿をする

空気が乾燥しているとウイルスや細菌が繁殖しやすいです。適度な湿気を維持することで、くしゃみの原因となる異物を減らすことができます。

また、加湿をすることでホコリが舞い上がることを抑制することにもつながりますので、赤ちゃんが吸い込む異物を減らすこともできます。

 

③洗濯にも気を付けて

布団や枕にもホコリやダニ・ダニの死骸がついています。頻繁に布団を干したり、掃除をして清潔さを保つことが大切です。また、赤ちゃんは汗をかきやすいので、手入れを怠ると枕や布団にカビがはえてしまうことがあります。カバーを頻繁に変えて、枕や布団の状態もあわせてチェックしましょう。

また、赤ちゃんが使用するぬいぐるみやクッションなどダニの温床になるものにも注意をして清潔な環境を整えてください。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんは明るさ、温度、湿度などほんのささいなことでもくしゃみをします。肝心なことは、赤ちゃんのくしゃみの原因や対応に関する情報をしっかりと備えておくことが大切です。赤ちゃんのくしゃみについて詳しく知り、病院に行くタイミングを見逃さないようにしましょう!

 

 

シェアはこちら