赤ちゃんが手を見つめる「ハンドリガード」とは

シェアはこちら

 

気付くと赤ちゃんがこぶしを握って自分の手をじっと見つめる行為を見たことはありませんか?これはどの赤ちゃんにも共通して現れる行動で、赤ちゃんにとっては意味ある行動で「ハンドリガード」と呼ばれるものです。

以前のブログ(赤ちゃんが手足をバタバタする原因は?)でも少し出てきたものですが、果たしてハンドリガードとはどのような理由がある行動で、どのような効果があるのでしょうか?

 

 

ハンドリガードとは?

産まれてすぐの赤ちゃんは自分に手足がついていることも認識していない状態です。ハンドリガードとは、赤ちゃんが自分自身に手がついていることに気づいて、じっと手を見つめたり、目の前で両手を合わせたりすることを言います。

赤ちゃんは自分に手があることに気がついて、「これはなんだ?」と不思議そうな表情で手をじっと見つめるのです。そして、その手が動くこと、さらに自分の感覚で動かせることに気付くのです。

 

ハンドリガードをする時期はいつ?

ハンドリガードをする時期は、生後2~3ヶ月頃からと言われています。1日をほとんど寝て過ごしていた赤ちゃんが日中に起きている時間が少しずつ長くなる時期です。

見つめている手が自分の体の一部であることを理解するまで、偶然動かせたり、口で吸ってみたりといろいろ試す中で自らの意思で動かせると認識していきます。

ハンドリガードは一定期間続きますが、生後4ヶ月を過ぎた頃におさまってくることがほとんどです。ただし、赤ちゃんの成長には個人差があるので、ハンドリガードを生後4ヶ月頃から始める赤ちゃんや、生後6ヶ月以降も続けている赤ちゃんもいます。

 

 

ハンドリガードは赤ちゃんの成長のしるし

赤ちゃんは「目でみること」と「手を動かすこと」という二つの動作が合わさることで、赤ちゃんは手が自分の体の一部であることを認識します。さらに自分の体があることを知って、「目」以外でも自分の体を感じようとし、こぶしを口で舐めることもあります。

この行為をすることで脳の中で色々なことが行なわれています。手をなめると、唇や舌で手をなめている感じがしますし、手の方ではなめられている感じがする。さらに、手を動かす運動、手を見る視覚の働きで脳の様々な部分が連結し合って発達していくのです。

ハンドリガードのしぐさをするようになると、次第に腕だけではなく、手指の動きが盛んになってきます。まだ遊ぶ力はないものの、おもちゃを握らせるとしばらくの間は自分で持って、物を持っているという実感を楽しんだりします。

 

ハンドリガードをしない赤ちゃんもいる

ハンドリガードをよくする赤ちゃんもいれば、なかなかしない赤ちゃんもいます。ハンドリガードをなかなかせずに不安になっている人もいるかもしれませんが、ハンドリガードをしていなくても、足を見るフットリガードがあったり、目で確かめながら口に手をもってきて舐めるような様子が見られれば、ハンドリガードと同じような発達的な意味をもっているので安心してよいでしょう。
 
 

まとめ

ハンドリガードは赤ちゃんが自分の手がついていると認識する大事な成長を確認できるかわいい姿です。この時期の赤ちゃんの日々の成長を楽しみながら、しっかりと見守ってあげてください。

 

 

シェアはこちら

“赤ちゃんが手を見つめる「ハンドリガード」とは” への1件の返信

コメントは受け付けていません。