100日目のお祝いである「お食い初め」とは?

シェアはこちら

 

生後100日目のイベントお食い初め。なんとなく聞いたことはあるけど、実際にお食い初めがどういうもので、何をすればいいのか詳しくは分かりません。

 

 

 

お食い初めって何?

 

赤ちゃんが生まれてから100日ほど経ったときに子供がこれからの人生で食べ物に困ることがないようにとの願いを込めて行う儀式のことをお食い初めと言います。また、ちょうど赤ちゃんに歯が生え始める時期でもあるため、歯が生えたことを喜ぶという意味も込められており、「歯固め」「箸初め」「百日祝い(ひゃくにちいわい)」という名前でも呼ばれる儀式です。

お食い初めといっても、実際に赤ちゃんに食べ物を食べさせるわけではなく、食べさせる真似をするだけです。歯が生えたことを喜び、石のように硬い丈夫な歯になるようにとの願いを込めて、歯固めの石をはさんだ後の箸を歯茎に少しあてることもあります。

お食い初めは、生後100日目に行う行事ですが、もちろん多少前後にずれても構いません。また、地域によっては110日目や120日目に行う場所もあるため、いつ行うべきなのかは、祖父母などに相談して行うといいでしょう。以前は、親戚などを招いて盛大に行うこともありましたが、今では家族や祖父母だけで祝うことも多い儀式となっています。自分たちのスタイルに合った方法で、お食い初めを行いましょう。

 

お食い初めで必要なものは?

 

 

お食い初めの料理は?

お食い初めの料理は1汁3菜が基本です。一般的には鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物の5品を用意します。

また家庭で作る以外にも、お食い初め用メニューの宅配サービスや、ホテルやレストランのお食い初め会食プランを利用するのも便利です。

 

お食い初めの食器は?

お食い初めの食器はお椀は漆塗りのものを使用するのが一般的で、男の子用は全部が朱塗り、女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗りのものが基本です。

箸は「祝い箸」を使います。柳でつくられた、両端が細くなっているお箸のことで、縁起が良いとされています。

 

歯固めの石

赤ちゃんに丈夫な歯が生えることを願う、「歯固めの儀式」で使用します。お宮参りの際に神社からもらうのが一般的です。無い場合は河原など近場で拾ったものでも構いませんが、よく洗って清潔にしましょう。

石は直接赤ちゃんの歯茎に当てたり、石を持った箸を歯茎に当てたりして使用します。

 

 

お食い初めには誰を呼ぶ?

 

昔は、お食い初めに親戚や親しい知人などを招いて行っていましたが、最近では両親や祖父母など家族だけで行なわれることがほとんどです。もちろん、両親と赤ちゃんだけで祝う形でも全く問題ありません。

ただし、「いつやるの?」と気にしている両親ももいるかも知れませんので双方の家に確認してみるのがベストだと思います。

 

 

お食い初めの形式にこだわらない家庭も多い

 

きちんとやらなければ行けないと思われがちのお食い初めの儀式ですが、昔とは違って献立はきちんと準備しても食べ方などは比較的簡単に済ませている家庭が増えているようです。

ただし、お食い初めの本来の目的である、子どもが一生、食に困らないようにという願いを料理に込めて赤ちゃんに食べさせるあげるということは守って行うことが重要です。

もし。一緒に同席することが出来るのであれば、お食い初めの正式なあり方としては「養い親」と呼ばれる人にお願いします。
「養い親」とは祖父母や親戚の中で一番の長寿の人を指します。長寿をあやかるという願いを込めて最年長者の方に食べさせてもらいます。男の子は男性に、女の子は女性から食べさせてもらうことが一般的なようです。

ご夫婦二人で行う場合は、お父さんが赤ちゃんを抱っこをしてお母さんが食べさせるマネをする。それを交互に行ったり、ベビーチェアに座らせたままお父さんとお母さんが交互に食べさせるマネをするなどその家庭の事情に合わせたやり方で行われています。
皆が赤ちゃんの成長をお祝いしたいと思っているので、堅苦しく考えずに皆で祝ってあげましょう。

 

 

シェアはこちら