赤ちゃんの顔に赤いあざ「サーモンパッチ」の正体とは?

シェアはこちら

 

赤ちゃんの顔に赤いあざのようなできていることがありませんか?なんだろう?と不安になる方もいるかと思いますが、このあざは「サーモンパッチ」というものの可能性があります。

ではサーモンパッチとはどのようなものなのでしょうか?

 

 

サーモンパッチとは?

 

サーモンパッチとは赤ちゃんの顔に現れる平らで赤いあざのことで、あざの色がサーモンの色に似ており、顔の前面に現れることから「サーモンパッチ」と名付けられています。

新生児・赤ちゃんにできる、代表的な赤あざのひとつで、 正式な名称では「苺状血管腫」や「単純性血管腫」などと呼ばれています。新生児全体の20%~30%に見られる紅斑(赤あざ)で、非常にポピュラーな血管腫の一つです。

 

 

サーモンパッチの原因は?

 

サーモンパッチの原因は、皮膚の中で毛細血管が拡張し赤血球の色が皮膚の表面に浮き出ることによって起こるもので赤あざのように見えることが特徴です。拡張した毛細血管なので、サーモンパッチを手で押すと赤みが消えることが特徴的です。

遺伝や神経機能の未発達による可能性も指摘されていますが詳しい原因は不明とされています。

 

 

サーモンパッチはどこにできる?

 

サーモンパッチどこにでもできるものではなくできる場所が限られています。

サーモンパッチができるのは「おでこの中央」「眉毛の中」「目頭」「鼻の頭」「鼻の下」などが主で、顔面の中心エリアにのみ発生するというのが、サーモンパッチの最大の特徴です。

 

 

サーモンパッチの症状は?

 

産まれたときからサーモンパッチがあることが多いのですが、産まれて少ししてからあざが出てくる赤ちゃんもいます。

皮膚の盛り上がりはなく痛みやかゆみはないため、あせもやアトピーのように赤ちゃんが不機嫌になったりかきむしったりすることはありません。

悪い病気でもないので、特に心配する必要はありません。

 

 

サーモンパッチはいつ消える?

 

顔にあざがずっと残ってしまったら不安と思うパパママが多いですが、サーモンパッチはいつ消えるのでしょうか?

日本皮膚科学会によると生後1年半以内に大部分は自然消滅するので、治療をおこなう必要はないとしており、消えないものに対してはレーザー治療を行うのがよいと言われています。

ほとんどのサーモンパッチの症状は、成長に伴って自然に消えるので過度に心配しなくて大丈夫です。焦らずゆったりとした気持ちで、赤ちゃんの様子を見守ることも大切です。

統計上は1歳半までに約80%、3歳までに約90%が自然消失します。サーモンパッチの中には大人になっても消えずに残ってしまうというケースがあるのも事実です。

治療を行う場合は、レーザーによる治療が主流であり、治療を重ねるごとにあざはどんどん薄くなります。平均2~3回の治療でキレイに消失するケースが多いです。いつまでたってもサーモンパッチが消えない場合や症状が悪化している気がする場合は皮膚科などに相談するとよいでしょう。

 

 

まずは慌てず見守りましょう

 

サーモンパッチは前述したとおり、見た目は悪いものの、痛みやかゆみ、悪影響も特にないものであり大きくなるまでにはほとんどが消えてなくなるものなので過度な心配はせずに慌てず見守ることが大切です。

もしも、サーモンパッチの症状が消えずに残ったとしてもレーザー治療で消すことができます。治療を開始するタイミングや方法、デメリット、費用など、少しでも不安に思うことがあれば一人で悩まずに病院で相談してみましょう。

 

 

 

シェアはこちら