赤ちゃんの顔のひっかき傷を改善するには?

シェアはこちら

 

うちの赤ちゃんは今日でちょうど12週目。クーイングもするようになって、首も若干すわってきました。手足も面白いくらいバタバタ動かしているのですが、気になるのはこれ。

 

 

鼻の頭と眉間と目の下にある傷です。毎日起きた時に顔を見ると自分で顔をひっかいてどこかしらを傷つけています。

頻繁に爪を切ったりしているのですが、何かいい対策はないでしょうか?

 

 

赤ちゃんが顔をひっかく原因は?

 

湿疹がかゆい

赤ちゃんは乳児湿疹などの湿疹が出来ているとかゆいため手をバタバタと動かして掻こうとします。そのときに顔をひっかいてしまうことがあるようです。

顔中ブツブツ、黄色い汁が出ていて見るからにかゆそうというときはこまめにクリームなどでケアをしてあげましょう。

 

寝起きに目をこする

眠いときに目をこすろうとしてその時に顔をひっかいてしまうことがあります。そもそもなんで眠いと目をこすろうとするの?と思うかもしれませんが、眠くなると眼球の水分が不足して乾燥するため、涙で目を潤すために脳が指示を出しているからなのです。それは赤ちゃんも例外ではなく、目をこすろうとして慣れない動きをするために誤ってひっかいて顔に傷をつけてしまうのです。

 

ハンドリガードをしている

ハンドリガードとは赤ちゃんが自分に手がついていると認識するときに手をじっと見つめる反応のことをいいます。(ハンドリガードに関してはこちらを参照してください)

赤ちゃんは自分の手を使って遊んでいるのですが、そのときに自分の顔をひっかいてしまうのです。

 

 

赤ちゃんが顔をひっかくときの対策は?

 

こまめに爪を切る

赤ちゃんの爪はこまめに切るようにしましょう。爪が伸びるのが早く赤ちゃんの爪は薄いため少し伸びただけで鋭利な刃物のようになり顔を傷つけやすいのです。爪を切る際は、赤ちゃん用のはさみタイプのものややすりタイプのものがあります。それらを併用して爪の先がとがらないようにケアをすることで顔に傷をつけることも少なくなるでしょう。(爪の切り方に関してはこちらを参照してください)

特に、爪やすりはかなりが効果が高いようですね。爪を肉球化させてあげて顔を手で触っても肌の部分しか触れない状態にしてあげることでかなり傷が改善できるようです。

 

特に電動爪やすりは使い勝手も良く、値段もお手頃なものが多いため重宝しそうです。(うちはまだ使っていませんが、買おうかな・・・)

 


電動ネイルケア ベビーレーベル ネイルケアセット 赤ちゃん爪切りセット アタッチメント6種類付き 粗研ぎ 細かい研ぎ LEDライト搭載 超静音 携帯ケース付属 持ち運び便利 キッズ 電動爪磨き 爪やすり 爪磨き 電動ネイルケア 角質除去 甘皮処理

 

 


日本育児 ベビー爪切り ネイルケアセット (爪やすり) 新生児から対象 赤ちゃんの柔らかい爪から角をなくす爪やすり

 

ミトンをつける

赤ちゃんの手にミトンをつけてあげることで顔をひっかくことが出来なくなるため有効な方法です。しかし、赤ちゃんは手足で体温調節をしておりそれを妨げてしまうことや、ミトンをつけることで手の感覚が弱くなり成長を阻害することもあるため賛否両論があります。

ずっとつけたままだとデメリットが大きいですが、ピンポイントで使用するのは悪くないでしょう。

 

保湿をしっかり行う

やむを得ず顔にひっかき傷をつけてしまったときはしっかりとケアを行ってあげましょう。柔らかいタオルやガーゼでバイ菌が入らないようにきれいにこまめに拭いてあげることが重要です。よだれや涙などでべたべたになっていると雑菌が傷口に入ってしまう可能性があるのでしっかりと拭いてあげましょう。

 

 

まとめ

 

今日は赤ちゃんの顔のひっかき傷について調べてみました。まずは爪のケアをしっかりと行うことが重要みたいですね。

ミトンをつけるのは手軽にできる簡単な対策ですが、赤ちゃんの成長を考えると少し手間をかけてでも爪やすりなどで対応するのがベターですね。

赤ちゃんのことは何をどうしてよいか分からず大変ですが、それも育児の楽しい悩みかもしれません。

 

 

シェアはこちら