これってもしかして「揺さぶられっ子症候群」?

シェアはこちら

 

泣き止まない赤ちゃんをあやしていて、強めに揺さぶったりしたときに、「揺さぶられっ子症候群」になってしまうのでは?と心配になることはありませんか?

這いつくばる赤ちゃん  揺さぶらないで~!

 

自分は特に周りの人に赤ちゃんの扱いが雑と言われることがあるので、心配になります。

ということで今回は、揺さぶられっ子症候群について調べてみます。

 

 

揺さぶられっ子症候群とは?

 

揺さぶられっこ症候群は「乳児揺さぶり症候群」「乳児揺さぶられ症候群」とも言われ、Shaken Baby Syndromeを略してSBSとも呼ばれています。

主に生後6か月以内の新生児や乳児の体を、過度に揺らすことで発生する外傷(網膜出血、硬膜下血腫またはクモ膜下血腫など)が引き起こされることを言います。激しく揺さぶられることで子どもの脳が傷ついて、障害が残ったり、死亡したりするもので、虐待の一つとされており社会現象にもなっています。

ただ、揺さぶられっ子症候群を引き起こす原因自体はあまり広まっておらず、「赤ちゃんを揺さぶったらダメ!」というイメージだけが一人歩きしているところがあります。そのため、あやす時は揺らさないようにする、バウンサーや抱っこ紐も恐い、車・ベビーカーも乗せたくないなどと考えてしまい、ちょっとした揺れにも神経質になってしまう人は少なくありません。

 

 

どこまで大丈夫?揺さぶられっ子症候群の原因は?

 

揺さぶられっ子症候群の原因は新生児・乳児の叱り方が一つの大きな要因だと考えられています。

叱り方として、叩いたり殴ったりという暴力だと自分自身への嫌悪感が生まれたり周りからの目が気になる、ということから行為として敬遠される傾向にあり、直接的な暴力より赤ちゃんへ精神的な苦痛をより強く印象与えられると考えられている「両肩をつかみ、体を前後に強く揺らす」という行為が行われることが多いのです。

 

 

揺さぶられっ子症候群はいつまでが多い?

 

揺さぶられっこ症候群は生後6か月までの新生児・乳児に発生することがほとんどです。

ある程度体が成長した子供では多少揺さぶられても、反射的に体を守ることができますが、生後6か月までの新生児・乳児は首が座っていないということもあり激しく揺さぶられると頭蓋骨の内側に何度も脳が打ちつけられてしまうことで、脳の血管や神経に損傷が起きてしまうのです。

 

 

抱っこひもなどでの影響は?

 

不安になるのが、「抱っこひも」「バウンサー」「ベビーカー」「チャイルドシート」などでの影響ですが、普段の育児を行う程度の揺れでは全く心配はありません。ただし、頭を短時間に激しく揺らす、長時間(20分以上)左右に揺らす、急激な上げ下げを繰り返すといった行為を行うと危険性が高まるということです。

今では自動で揺さぶり、眠気を誘ってくれるバウンサーなどが広まっていますが、このような商品では概ね15分間以内で揺れが収まるような設計になっているため心配は無用のようです。

 

 

揺さぶられっ子症候群の症状は?

 

下記のような状態が見られたときには、揺さぶられっ子症候群を疑う必要があるとのこと。

  • ミルクを飲まない、嘔吐をする 
  • 全く笑わない 
  • けいれんをしている 
  • 長時間眠り続ける
  • 目の焦点が合わなくなる
  • 10分以上激しく泣き続ける

風邪などの病気にも共通する症状が多いため見過ごされやすく、症状がすぐに表れず数か月経ってから表れることもあります。常に赤ちゃんの様子を観察して、このような普段と違う様子が見られた場合は医療機関を受診しましょう。

 

 

まとめ

 

通常の育児を行っている分には、揺さぶられっ子症候群になる可能性は低いですので過剰な心配は無用ですが、過度のあやし方や車での長時間の移動の際には注意が必要です。

自分ではあやしているつもりでも激しい動きになってしまうことでの発症例もあるので、これを機に自分のあやし方を見直すのも良いかも知れませんね。

 

 

シェアはこちら