赤ちゃんの爪切りにコツはある?

シェアはこちら

 

赤ちゃんも爪が伸びると、爪切りが必要になります。だけど、切るにしても指は小さいから切るのが難しいし、どこまで切っていいのかな?と不安になってしまいますよね。

今日は赤ちゃんの爪切りについて調べてみました。

 

 

赤ちゃんも爪を切るの?いつから切る?

 

 

赤ちゃんの爪はいつから切らなければいけない、いつまで切ってはいけないという決まりはありません。赤ちゃんの成長によっても違いがありますが、一般的には手のひら側から見て爪の先が指の先より出ていれば伸びているサインですので、爪の白い部分を切るようにしましょう。

赤ちゃんの爪はママのお腹の中にいる間も成長するので、少し伸びた状態で生まれてくる赤ちゃんもいます。画像のような新生児向けの爪切りを用意しておくといいでしょう。

赤ちゃんは新陳代謝が良く成長速度も速いため、爪が伸びるのも早いです。個人差もありますが理想は3~4日に1回爪切りを行うペースが良いでしょう。

赤ちゃんの爪切りは、大人用と違い刃先が丸く、刃が大きく開かないように短く作られています。大人用の爪切りを間違って使うとケガをしてしまう危険性があるので絶対に使わないように注意しましょう。

 

 

赤ちゃんが寝ているときに爪を切ろう

 

赤ちゃんの爪を切る時のコツとして「寝ている間に済ませる」「ミルクを飲んでいるときに済ませる」というのが良いです。

首がすわるまでの赤ちゃんはお座りができないので、寝かせた状態で切ることが基本だからです。しかも動かないでおとなしいので、切りすぎて深爪にしてしまう心配もないし、落ち着いて切ることが出来ます。特に赤ちゃんの眠りが深い時に行うとより効率良く切ることが出来ます。眠りが浅いときに切ると赤ちゃんを起こしてしまう心配もありますからね。

 

 

爪先をやすりで滑らかにしてあげよう

 

 

 

 

赤ちゃん用の爪切りやはさみで切るだけだと、カドがとがったままになってしまい、赤ちゃんが手をバタバタさせたときなど顔をひっかいてしまったりして危険です。

やすりを使うと時間はかかりますが、赤ちゃんにけがを危険がないので安全です。また、手動型と自動型のものがあるので、色々調べてみるとよいですね。

 

 

 

 

 

お風呂後の爪切りは注意が必要

 

お風呂後に爪を切るのも爪がふやけて柔らかくなっており切りやすいので効果的です。しかし、柔らかいために切りすぎて深爪になってしまうこともあるので注意が必要です。

赤ちゃんは爪を切ろうとすると警戒をしてしまいます。優しく話しかけたり、スキンシップをとりながら自然な流れで爪切りが行えるといいですね。

 

 

シェアはこちら