乳児の湿疹

シェアはこちら

生まれたての新生児はプリプリの肌をしていますが、しばらくすると肌にニキビのような出来物がたくさんできてきます。

 

 

きれいな肌の赤ちゃん

 

こんなきれいだった肌が、

 

汚い肌の赤ちゃん

 

こんな面白い顔に、いや、こんなに湿疹ができてしまいます。ということで今回は新生児・乳児の湿疹について少し調べてみました。

 

乳児の湿疹の種類は?

 

乳児の湿疹には、

  • 新生児ニキビ
  • おむつかぶれ
  • あせも
  • 乳児脂漏性湿疹
  • アトピー性皮膚炎
  • 食物アレルギー

というように様々な種類があるようで、生後2週間頃から現れやすくなりますが、多くの場合、1~2歳までには自然治癒するそうです。

 

湿疹ができる原因は?

 

どんなに注意をしても、新生児・乳児は湿疹ができやすく、その原因としては、お母さんの体内のホルモンに影響されて、皮脂の分泌が盛んになっており、過剰分泌された皮脂が肌表面や毛穴に溜まってしまうことが多いからだそうです。つまり新陳代謝が良すぎて、毛穴のキャパが追い付いていないんですね。

 

 

乳児脂漏性湿疹とは?

 

乳児によく見られる湿疹が、「乳児脂漏性湿疹」です

その特徴としては、身体にはできず、皮脂腺の多い首より上にできます。頭の中が黄色いかさぶたのようなもので覆われたり、眉毛の中、おでこ、頬などにフケのようなかさかさしたものができたり、赤い湿疹として現れる場合もあります。

ケアの仕方としては、

  • 入浴時に余分な皮脂を落す
  • 寝具・肌に触れるものは清潔にする
  • しっかり保湿を行う

これらが重要だそうです。ちなみに、脂漏性湿疹とアトピー性皮膚炎の違いとしては、

脂漏性湿疹→かゆみがあまりありません。多くは顔や頭部、耳のうしろなどに症状がでます。

アトピー性皮膚炎→かゆみをともないます。首やひじ、ひざの裏などの屈伸する部位や外界からの刺激を受けやすい場所に現れます。

 

新生児・乳児にできやすい乳児脂漏性湿疹はかゆみはないのですね。見た目はかなりかゆそうですが・・・心配な場合はちゃんとお医者さんに相談しましょう。

 

 

シェアはこちら

“乳児の湿疹” への1件の返信

コメントは受け付けていません。