赤ちゃんが泣く理由

シェアはこちら

うちの子はとにかくよく泣きます。おっぱいあげても、オムツ替えても、抱っこし続けても、泣き止まないときは何をしても泣き止みません。

 

泣きわめく赤ちゃん

こんなかんじで・・・

 

何を訴えているか教えてもらえればすぐ解決できるのですが、喋れないので感じ取るしかありません。ということで、今日は「赤ちゃんが泣く理由」について色々と調べてみました。

 

 

お腹が空いている

 

赤ちゃんの授乳は2~3時間おきが基本ですが、一回に飲む量が少なければ、次の授乳時間までの間にお腹をすかせてしまうこともあります。

赤ちゃんが一度の授乳でしっかり飲めない時期は、途中でげっぷをさせてあげると、また飲んでくれることがあります。また、片方のおっぱいで満足そうでも、げっぷをして両方のおっぱいから飲ませるようにするといいですよ。

 

赤ちゃんの「お腹空いた」サイン

  • 赤ちゃんの泣き声が「N」の子音で、Neh(ネェ)という声を出して泣くことがある
  • 穏やかになったり、激しく泣いたりを繰り返す
  • 赤ちゃんの唇に指をあてると吸い付く
  • おっぱいを飲んでいるかのように口を動かす

 

 

寝ぐずり

 

眠いのに眠れないことが不快で泣き続けることがあります。寝るときの姿勢が悪くて泣くことも珍しくありません。

夜は就寝1時間前くらいにリラックスできる状態にしてあげましょう。お昼寝のときも含め、苦しそうな姿勢で寝てないか、厚着をさせ過ぎてないかをチェックすることも大切です。

夜中に泣き止まない赤ちゃんに対しては、入眠儀式として背中トントンをする、子守唄を歌う、マッサージをするなどしてみましょう。習慣づけることで、眠りにつきやすくなりますよ。

 

赤ちゃんの寝ぐずりサイン

  • 赤ちゃんの泣き声が「O」の子音で、Owh(オォ、アォ)という声を出して泣くことがある
  • ママの胸や布団などに顔をこすりつける

 

 

おむつが不快

 

おしっこやうんちでおむつが汚れると、不快で泣くことがあります。赤ちゃんによってはわずかな汚れで不快に感じることも。

また、おむつが合わず蒸れてかぶれてしまうと、かゆみや痛みを訴えているかもしれません。冬場の寒い日は、冷えたおしりふきシートにびっくりして泣くこともあります。

授乳やミルクのたびにおむつが汚れていないかを確認しましょう。少しでも汚れていれば、おむつを取り替えてください。肌トラブルがおきているときは、皮膚科で保護クリームを処方してもらうのがおすすめですよ。

おしりふきシートが冷たくて泣くときは、シートをぬるま湯に浸したり、市販の保温器具を使ったりして温めてから使いましょう。

 

赤ちゃんのおむつ不快サイン

  • 赤ちゃんの泣き声が「H」の子音で、Heh(ヘェ)という声を出して泣くことがある
  • 思い出したように急に泣く

 

 

病気・体調が悪い

 

風邪や病気で体が不調なときに、違和感を感じて泣き出すことがあります。ママからの免疫で、生後3~6ヶ月頃までの赤ちゃんは風邪を引きにくいのですが、体調不良になる子もいますよ。

いつもと泣き方が違うときは、体や表情をよく観察しましょう。おでこや首筋が熱くないか、下痢をしていないか、お腹が張っていないかを中心にみてあげてください。

普段と全く違う、激しい泣き方や呼吸が浅く弱々しい泣き方をしていればすぐに受診しましょう。意識がはっきりしていれば慌てず様子を見て、落ち着いてから受診するようにしてください。

 

赤ちゃんの体調不良サイン

  • 赤ちゃんの泣き声が「E」の子音で、Eairh(エアー)やEh(エッ)という声を出して泣くことがある
  • 両足が縮まることがある
  • 激しく泣く
  • 嘔吐する

 

 

不安・寂しい

 

ママがそばにいなくて不安・寂しいなど、精神的な理由から泣くこともあります。人見知りがはじまると、周りに知らない人がいたり、ママ以外の人に抱っこされたりして激しく泣くことも。

ママが抱っこして安心させてあげましょう。どうしても手が離せないときは、お気に入りのおもちゃで興味を引いたり、「ママはここにいるよ」と優しく声をかけたりしてあげるといいですね。

 

 

その他

 

上記に挙げた5つは赤ちゃんが泣く理由として特に多いものですが、その他にもいくつも理由があります。

  • 「痛い」
  • 「かゆい」
  • 「暑い(寒い)」
  • 「明るい」
  • 「うるさい」
  • 「ゲップがでない」
  • 「思い通りにいかない」
  • 「いつもと環境が違う」
  • 「ママのイライラや不安が伝わる」
  • 「夢を見たとき」←夢と現実の境が分からず、不安で泣いてしまう。
  • 「コリック(黄昏泣き)」←夕方に明るい昼と暗い夜の狭間が不安で泣いてしまう。(黄昏泣きの関連記事はこちら

と、このように様々な理由があります。

 

まとめ

 

赤ちゃんが泣くのには何かしらの理由があります。しっかりと観察をしてその状況に合った対応をしてあげましょう。

また、赤ちゃんにも個性があるため、一人ひとりに応じて普段の泣き方や泣く理由をあらかじめ認識しておくと、慌てずに対処することができます。

赤ちゃんは「泣くのが仕事」とよく言います。泣き止まずにイライラしてしまうときもありますが、そんな時は深呼吸をして、「親としての仕事」をしっかりとできるようにしましょうね。

 

 

シェアはこちら

“赤ちゃんが泣く理由” への1件の返信

コメントは受け付けていません。